ベンゾジアゼピン断薬への道のり

ベンゾジアゼピンの薬害や減薬・断薬のプロセスの中で思ったことを綴ります。

睡眠薬をやめたいと医師に伝えた結果

ベンゾジアゼピン減薬・断薬計画中の でんこ(denko1228)です。

主治医に、ベンゾジアゼピン常用量依存で現在出ている離脱症状睡眠薬をやめたいので協力してもらいたい旨を書いた書類を渡しました。

主治医は明らかに戸惑っている様子。

今まで、主治医には本心を明かしてきませんでした。辛いと症状を訴えても、共感してくれるわけでもなく、納得のいく説明がある訳でもなく、薬を増やされるだけだからです。毎回、「特に変わりありません。薬はいつも通りでお願いします」と、言うだけだった患者が、なぜ突然こんな事を言い出したのか理解できないのでしょう。

眠れないと良くないし、病気(双極性障害)に悪影響があるので睡眠薬はやめない方がいいと言われました。

本当にガッカリし、怒りを感じました。

 

今まで何年も動悸や過呼吸が辛かった事、ベンゾジアゼピン薬害について調べて、離脱症状だと確信を持ったので、どうしてもやめたいという事を強い口調で訴えました。

 

それならハルシオンを半分にしたらと言われました。もっと慎重に減らさないと離脱症状が出るからと、ハルシオンをいったんベンザリンに置換する方法を提案したのですが、拒否されてしまいました。計画を立てて「やめよう!」とすると緊張してしまうから、やめられそうな気分になったらやめてみればいい。離脱症状は出るとは限らないと言われてしまいました。今現在、症状があると訴えているにも関わらずです。

 

もう、この人には何を言っても無駄だ。自分一人で戦うしかないと感じました。やはり、「睡眠薬断薬.net」の記事が正しかったと思いました。精神科医は味方ではなかった。少しでも期待した私が馬鹿でした。本当に精神科医というものに失望しました。残念で仕方ありません。こんな人の言う事を何年も信じて、薬を飲み続けてきた自分が情けないです。精神科医ベンゾジアゼピン薬害について、そして、患者の人生について真剣に考えてもらいたいです。

 

結局、ハルシオン0.25mg1錠から0.125mg2錠の処方に変わりました。あとは自己判断で、減らせるものなら減らしたらいいという事なのでしょうか?

 

早速、昨夜から、ハルシオン 0.125mg半錠分減らしました。断薬に向けた決意の一歩。

 

しかし、ハルシオンを半分に割ろうとしたら、割れ目がなく、正確に半分には割れません。ちょっとへこみましたが、ここまできたら、仕方ありません。多少の誤差は目をつぶる事にしました。

 

さあ、いよいよベンゾジアゼピン断薬への道のりの第一歩を踏み出しました。

 

そして、減薬して一夜明けた今朝、よく眠れたのですが、心なしか昨日より動悸が辛いです。早速困難にぶち当たってしまいましたが、めげずに頑張ります!

 

ベンゾジアゼピン減薬・断薬希望 または 経験者の方がいらっしゃいましたら、励ましやアドバイスなど、いただけるとうれしいです。