ベンゾジアゼピン断薬への道のり

ベンゾジアゼピンの薬害や減薬・断薬のプロセスの中で思ったことを綴ります。

離脱症状(動悸)が全く治まらない

ベンゾジアゼピン減薬を中止したでんこです。

 

医師の無理解で、ハルシオンから減薬をせざるをえなくなり、結果、離脱症状(動悸)が、ひどくなって、仕事に行けなくなりました。

 

仕方なく医師に相談したところ、双極の薬を復活せざるをえなくなりました。

離脱症状がひどくなって、3週間経つというのに、医師は、離脱症状はそんなに続くものではない、2、3日あれば治まるものだと言ってのけました。

何という無理解な医師の言葉でしょう。腹が立つやら、情けないやら、悲しいやら、もう、生きる気力もなくなりました。

しかし、このままの状態でいるわけにはいきません。リチウムとロナセンを飲むしかなさそうです。

今日、休職のための診断書をもらいに行きました。私は、医師に対する怒りと不信感のため、極度に緊張していたので、医師は、それを躁状態と判断し、ロナセンを増量されました。

納得いきませんが、同行した夫も、「お前は医者じゃないんだから、医者の言う事を聞け」と言います。

しかし、リチウム・ロナセンを飲んで5日、動悸が治まる気配は全くありません。考えてみれば、当たり前です。双極性障害の薬が離脱症状に効くわけがありません。飲むだけ無駄、飲んだら害になるだけです。

 

自分のブログを見直すと、ハルシオンベンザリンの副作用に

精神症状...もうろう状態、異常行動、夢遊症状、興奮、取り乱す、幻覚(とくに、もともと精神障害がある場合)

と、あります。

双極性障害の症状で、怒りやすいのではないと、考えられそうです。

 

ツイッターのフォロワーさんに聞いても、年単位で症状に苦しむとの事。このままでは、仕事も失いかねません。

あのまま、多少の動悸を我慢し続け、薬害に気付かない方が良かったのでしょうか?健康で幸せな毎日を過ごしたいだけなのに、どうしてこんな目に合わなければならないのか。本当に納得できません。