読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベンゾジアゼピン断薬への道のり

ベンゾジアゼピンの薬害や減薬・断薬のプロセスの中で思ったことを綴ります。

ベンゾジアゼピン離脱症状とその対処法(1) ~ 動悸・息苦しさ ~

様々なサイトやブログで、ベンゾジアゼピン離脱症状やその対処法について書かれていますので、ここでは、私の体験したことを、これから何回かに渡り、書いていこうと思います。

2016年6月現在、いま一番辛い症状は、動悸と過呼吸です。

心臓やありとあらゆる血管がドクドクと耳元で音を立てていて、不安が心をいっぱいにしていきます。さらに、呼吸が苦しく・荒くなってきて、目の前がクラクラするし、手足や脳の血管がピリピリする感じがします。この苦しみが、永遠に続くような気持になって、「もうダメ!耐えられない!誰か助けて!!」と、パニック状態になってきます。

呼吸法、自律訓練法認知行動療法など、いいとされる方法をいくつも試してみましたが、どれも効果がありません。本当にどうしたらいいのか、途方に暮れていました。
しかし、ある時、症状を意識すればする程、症状が強く、激しくなってしまうという事に気が付きました。

気付いたきっかけは、平日会社にいる時にはあまり気にならない事が多いと思った事です。


幸いなことに、比較的好きな仕事を、比較的良好な人間関係の中でやる事ができているので、意識が仕事に向き、症状が気にならないのです。

辛いのは、仕事が休みで家に居る時です。やる事がないわけではないのですが、辛い時は布団に横になれる環境なので、つい布団に横になってしまいます。
辛い時、布団に横になるというのは、よさそうに思うのですが、何もせずにいると辛い症状にばかり気をとられてしまうので、実は逆効果なのです。

そこで、私は、症状から気をそらす為に、とにかく家から出る事にしました。すると、パニックになっていた気持ちが次第に落ち着いてきます。落ち着いてきたら、家に戻っても大丈夫になります。私の場合、起床時が一番辛い事が多いので、午前中をやり過ごせば、その日はなんとか過ごすことができると思えるようになりました。

ここで、間違ってもらいたくないことは、症状が治まったり、消えたりすることはないという事です。離脱症状は、気持ちの問題ではなく、薬害によるれっきとした症状なので、治まることはありません。あくまでも、気をそらすだけしか方法がありません。

これからも、毎日辛い症状が続くと思いますが、なんとかやり過ごし、断薬を目指して頑張っていこうと思っています。